本日、佐倉市の稲作農家(野中農園)さんと、新たなプロジェクトを始動しました。

加工品を作ってみよう!!というものです。

具体的には、かき餅(生)の真空パック製品を試作しました。

 

↓真空パックの工程。この機械で空気を抜きます。とある施設の機械をお借りました。

 

↓試作品

 

餅米は野中農園産のマンゲツモチ(高級品種!)。

緑色のお餅は、愛知県三河湾産の青海苔を用いたものです。

 

加工品の方が(輸出も含めて)販路が広がりますし、お米のままだと米価の相場に左右されます。

生産者の方々には、お忙しいのは重々承知しておりますが、ぜひ加工品にチャレンジしていただきたいと考えております。

大掛かりでなく、できる範囲からのチャレンジでいいと思います。

まずはスモールビジネスから。そして、もし上手くいったら徐々に大きくしていけばいいのではと考えています。

 

家に帰ってかき餅を焼いて食べました。

少々面倒だったのでオーブンではなくフライパンで焼いて(面倒くさがってはいけませんね)、醤油だけ付けて食べたのですが・・・美味かったです!

素晴らしい製品になりそうな予感がします。

 

 

Today, I started a new project with a rice farmer (Nonaka Farm) in Sakura City.

We made trial products of vacuum-packed mochi rice cakes (raw).

The mochi rice cakes are made from Mangetomochi (a high quality variety!) produced at Nonaka Farm.

The green mochi rice cakes are made with green laver from Mikawa Bay in Aichi Prefecture.

Processed products will lead to expansion of sales channels, while raw rice is affected by market price.

I understand that farmers are very busy, but I would like to encourage them to try processed products.

It doesn’t have to be a big deal.

Start with a small business and expand little by little.

When I got home, I baked mochi rice cakes and ate them.

It was a bit of a hassle for me, so I baked them in a frying pan instead of the oven and ate them with just soy sauce… it was delicious!

I have a feeling that this will be a great product.