ついに収穫しました!!

 

最初に結果から。令和4年産の収量結果は次のとおり。

作付面積 522㎡

品種 コシヒカリ

収穫量 113.3kg(30kg/袋×3袋+端数23.3kg)(2俵以下とは・・・)

10a換算収穫量 217kg/10a(1000㎡)

千葉県の平均 約9俵/10a → 約540kg/10a

平均より半分以下の収量結果となりました。

ちょっと残念。

長年耕作していなかったほ場なので、協力してくれている農家さんからは「田んぼになるのに3年はかかるな」と言われてきましたが、本当だったようです。そんなことないだろ、普通に獲れるだろと、全く信じていませんでしたが、さすが農家。

 

 

<令和4(2022)年9月4日(日)>

本日は稲刈り。

 

↓なんとかコンバインが入れました。

↓収穫後の田んぼの様子。左の山側は穂が色づいていなかった(緑色だった)ため収穫しないこととしました。残念ながら収穫放棄です。。。

↓コンバインで収穫した籾はこのグレインコンテナというものに入れます。

↓コンバインからグレインコンテナに籾を移している様子

↓籾。緑色のものが多い。。。考えられる原因。日当たりが悪いほ場だったため。稲が倒伏し穂に栄養が十分いかなかったため(長い間耕作していない農地だったことから土に栄養分がたくさんあり稲が徒長し倒伏してしまったため)。などなど色々考えられます。

↓収穫した籾を農家さんの組合が運営しているライスセンターに運びました。以下は乾燥機たち。壮観。

ライスセンターでは籾を乾燥してくれます。それだけでなく籾摺り(籾から玄米)や袋詰めもしてくれます。

↓グレインコンテナから乾燥機に籾を移している様子。

水分は約30%と高めでした。18時間以上、乾燥するようです。

 

<令和4(2022)年9月10日(土)>

ライスセンターにて玄米を受け取り。

↓玄米。やはり緑色のものが多い。。。とりあえずちょっとだけ精米してみることにします。